全ての不快感、全ての疾患、全ての病気のもとをたどると、ミネラル欠乏症にたどりつく

植物系総合ミネラル ベストワン77

【商品コード】  2700

【商品名】    ベストワン77

【内容量】    946ml

【希望小売価格】 12,000円(税抜)

商品詳細

◆主なミネラルの働き
・体の組織をつくる
骨はカルシウムやリン、マグネシウムなどで構成されています。
骨にもっとも多く含まれるミネラルはカルシウムで体内のカルシウムの約97%がここに存在します。
体内のリンの約85%、マグネシウムの約60%も骨にあります。

・酸素を活性化させる
私達の体内では、⾷物の消化と吸収と排泄、エネルギーの⽣産、組織の修復や構築、抗酸化作⽤など、実に多種多様な化学反応が⾏われています。
それらの化学反応の速度を⾼める働きをしているのが酵素です。
私達の体を作っている細胞一つ一つには、こうした酵素が平均5,000個位含まれています。そのスイッチを入れるために、酵素のすき間には補酵素という物質が組み込まれています。
この補酵素として働くのがビタミンやミネラルです。
ビタミンの中で補酵素としてとりわけ重要なのはB群です。
ミネラルではマグネシウムと亜鉛です。
マグネシウムは約300種類、亜鉛は約250種類の酵素に関与しているといわれます。
マグネシウムや亜鉛が欠乏すると、合計約550種類の酵素の働きに影響がおよびそれだけ⽣命活のレベルが落ちることになります。

・ビタミンを活性化する
ビタミンの必要性について広く知られていますが、実はビタミンはミネラルがないと、その有効性を発揮することが出来ないのです。
それは、ビタミンはミネラルと共同して働くことで酵素を作ったり、酵素を活性化させたりすることが出来るからです。
世界的に大きな話題を呼んだ『ビタミン・ミネラル』の著書アール・ミンデル博士は、「ビタミンは確かに重要ですが、ミネラルなしでは何の働きもしません。ミネラルこそが、栄養の世界のシンデレラなのです」と語っています。

・ホルモンを作る
ホルモンは、ビタミンやミネラルと違い、⾷物から取り入れなくても体内で合成することが出来ます。しかし、ホルモンが細胞内でタンパク質や脂肪を材料として作られるには、ビタミンやミネラルを欠かすことは出来ません。

・体の中のphを最適の弱アルカリ性に保つ
私達の体は弱アルカリ性のph7.4位が良好とされています。
通常、 類など強い酸性の⾷品を摂っても、アルカリ性のミネラルであるカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムが弱アルカリ性に調整してくれるのです。

・細胞の浸透圧作⽤を調整して細胞が働きやすくする
細胞は細胞膜を通して、細胞の外部の栄養素を取り入れ、逆に脂肪内部の不要物を排泄します。
この働きを可能にするのが細胞の浸透圧作⽤ですが、これを調節しているのがミネラルです。

・栄養素を細胞まで届ける
体内に取り入れられた炭水化物はブドウ糖に、タンパク質はアミノ酸に、脂肪は、脂肪酸にというように酵素の働きによって最小の単位分解されます。
さらにこれらの分解された栄養素が、血液など体液の中を安定して移 するためには、イオン化されたカルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどのミネラルと結合して電解質になる必要があります。
そうして栄養素は個々の細胞まで届けられるようになっているのです


使用方法

20〜30ml(キャップ1杯)程度を水、またはジュースなどで割るとおいしく飲めます。
1日1〜2回を目安にお飲み下さい。


内容成分

ベストワン77に含まれているミネラル アンチモン フッ素 ネオジウム ストロンチウム バリウム ガドリウム ニッケル タンタル ベリリウム ガリウム ナトリウム テルル ビスマスゲルマニウム ニオブ テルビウム ホウ素 ⾦ オスミウム タリウム ホルミニウム ハフニウム トリウム 臭素 パラジウム リン セレン カルシウム スズ イオウ ヨウ素 ⽩⾦チタン セリウム イリジウム プラセオジウム タングステン セシウム 鉄 レニウム パナジウム 塩素 カリウム ロジウム イッテルビウム クロム ランタン ルビジウム イットリウム コバルト リチウム ルテニウム ジルコニウム 銅 ルテチウム サマリウム 亜鉛 ジスプロシウム マグネシウム スカンジウム ユーロビウム エルビウム マンガン ケイ素 モリブデン 銀 その他


注意事項

直射日光や⾼温多湿の場所を避けて保存してください。



PAGE TOP